不要な刺青は消しちゃおう!【刺青除去が可能なクリニック】

女性

肌のトラブルを改善しよう

肌の手入れ

アクネ菌が原因

ニキビは、アクネ菌が肌に影響を及ぼしてできるものですが跡になって残ってしまうことがあります。これは赤っぽい色や茶色、でこぼこのクレーター状になって肌に残ります。赤っぽい色の跡は、ニキビで炎症を起こした皮膚がうっ血を起こした状態になったものです。茶色い跡は、ニキビの影響で大量のメラニン色素が皮膚に発生してしまいその色素が肌に出てしまった症状です。また、でこぼこのクレーター状になった跡は皮膚組織がニキビの炎症のせいで破壊されたせいで起こります。ニキビ跡は、毎日の洗顔をしっかりして肌を清潔に保つことが回復の為には必要です。その治療薬などもさまざまな種類が販売されています。しかし、回復を早めたいのならクリニックに相談するのが早道です。

クリニックに相談しよう

ニキビ跡は、ピーリングという治療で薬液を皮膚に塗ることで新陳代謝を促進する方法があります。これは、何回かに分けて治療することで効果をあらわし肌のシミやでこぼこを改善します。また、ヒアルロン酸などを注射して硬くなった皮膚にうるおいを与えハリを取り戻すことでニキビ跡を消す治療法もあります。そのほかにレーザー治療があり、これはレーザーを照射することで真皮層に見えないやけどを作る方法です。やけどした皮膚は、コラーゲンの合成が活発になりこれが肌の弾力やみずみずしさを取り戻します。これらのニキビ跡の治療は、その症状にあわせて組み合わせて行われることもあります。治療法を組み合わせることでさらなる効果を生み出します。